タオバイザーの組み立て方

タオバイザーの組み立て方の説明です。写真をクリックすると拡大表示します。
印刷用PDFファイル「タオバイザーの組み立て方」はこちら(1MB)

パーツの確認

タオバイザーパーツ一覧

パーツが全て揃っているかご確認ください。

  • パーツA×1
  • パーツB×2(穴ありとなしの2種)
  • パーツC×1
  • パーツD×2
  • パーツE×2
  • レンズ×2
  • ドーナツ型白シール×6枚(予備2枚含む)
  • プラビス×7組(※)
  • 磁石×2(AとBの2種)

※プラビスは「ねじ式」になっていますので回して着脱してください。あらかじめプラビスが留めてある円形のプレートは梱包用に使用しているものでありタオバイザー本体には使用しません。
プラビスはネジのように回して

磁石ABがくっ付いている場合、指で横にスライドするように力を加えると、はずれやすくなります。
磁石のはずし方

本体の組み立て

最初に本体部分を組み立てます。パーツA、B、プラビス4組、磁石を使用します。

3カ所の切り込みを折る

①パーツAの3カ所の切り込みを内側に折る。
折りスジに沿って折る

②折りスジに沿ってしっかりと本体内側に折る。
本体右内側

③本体内右側にパーツBをあて、プラビスで固定する。
本体外右側

④プラビスで固定した外側の状態。
本体内左側

⑤本体内左側もプラビスで固定する。こちらには丸く穴が開いているパーツBを使用する。穴が上位置になるように。
プラビスで固定した外側の状態。

⑥プラビスで固定した外側の状態。
⑤磁石Aのシールを剥がす。

⑦磁石Aのシールを剥がす。
⑥磁石Aを本体内左側の丸く穴が開いている箇所に貼る。

⑧磁石Aを本体内左側の丸く穴が開いている箇所に貼る。
本体外左側のくぼみに磁石Bを置く。内側の磁石によって固定される。

⑨本体外左側のくぼみに磁石Bを置く。内側の磁石によって固定される。
本体の組み立てが完了です。

本体の組み立てが完了です。

レンズの取り付け

レンズを取り付けます。パーツC、D、E、プラビス3組、レンズ2枚、シール4枚を使用します。

①パーツDにシールを貼付ける。

①パーツDにシールを貼付ける。
②シールを貼った状態。

②シールを貼った状態。
③裏返してレンズを置く。

③裏返してレンズを置く。
④レンズの上からシールを貼る。もう一つ同じものを作る。

④レンズの上からシールを貼る。もう一つ同じものを作る。
⑤パーツCの左右を折りスジに沿って折る。左右に注意。

⑤パーツCの左右を折りスジに沿って折る。左右に注意。
⑥ レンズの凸面が上になるようにして、パーツCの上にレンズを置く。

⑥レンズの凸面が上になるようにして、パーツCの上にレンズを置く。
⑦中央の交差した箇所とCをプラビスで固定する。

⑦中央の交差した箇所とCをプラビスで固定する。
⑧レンズの右側はパーツEを載せてCと一緒にプラビスで固定する。

⑧レンズの右側はパーツEを載せてCと一緒にプラビスで固定する。
⑨プラビスで固定した状態。レンズの左側も同様に固定する。

⑨プラビスで固定した状態。レンズの左側も同様に固定する。
レンズの取り付けが終わりました。

レンズの取り付けが終わりました。

本体とレンズの取り付け

①本体左側にパーツCの細い棒状の形になっているほうを差し込む。

①本体左側にパーツCの細い棒状の形になっているほうを差し込む。
差し込んだ状態。

②差し込んだ状態。
②右側も同様に本体に差し込む。

③右側も同様に本体に差し込む。
タオバイザーの完成です。

タオバイザーの完成です。

スマートフォンの入れ方

スマートフォンに「タオバイザーホームアプリ」をインストールします。
タオバイザーホームアプリには、3DVRを体感できる簡単なサンプルが付属しています。
タオバイザーホームアプリ

カメラが“T”の窓から見えるようにして、上から差し込みます。

カメラが“T”の窓から見えるようにして、上から差し込みます。
スマートフォンが倒れないように、内側のストッパーを使用します。

スマートフォンが倒れないように、内側のストッパーを使用します。

lets have fun! 3DVRを楽しもう

タオバイザーの組み立て方」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。