Daydream専用アプリ「プラネタリウム VR」をリリースしました

遅ればせながら、Daydream専用のVRアプリ
「プラネタリウム VR」をリリースしました。

app_android_1500x1136

google-play-badge-en

【公式サイト】
http://taovisor.com/planetariumvr-daydream/

ここでは、Daydream版「プラネタリウム VR」の開発で苦労した点について
お話していこうと思います。

前回の記事「Google VR対応アプリ「プラネタリウム VR」をリリースしました」でご紹介したように、
弊社では2014年から細々とVRやAR関連の研究開発をしております。

「Daydream」は「Cardboard」よりは
ハイエンドなスマホがターゲットとなるため、
よりリッチな表現で、より没入感が得られるものになるのではと
期待に胸を躍らせていました。

例えば「都会の夜景」を背景に星空を眺めたり
「オーロラ」を背景に眺めながら星空を眺めるといったことを
実現してみたいと思いましたが、ハイエンドといえスマホということもあり
求めるものにはならずに断念しました。
その後も試行錯誤した結果、2パターンの背景用意しました。

screen1

Cardboard版では地上部分は真っ黒と味気なかったので
そちらよりは没入感が増したと思います。

Cardboard

Daydream
screen1

また、Daydream版では専用のコントローラが用意されたことにより
UI部分も変更しました。
Cardboard版より直感的に設定変更が出来ると思います。

screen2

そんなこんなで完成したDaydream版「プラネタリウム VR」のアプリを
簡単ではありますが紹介いたします。
※詳細は公式サイトにてご確認頂ければと思います

アプリ紹介

コンセプト

“プラネタリウムVR”は、
Daydream Viewを装着するだけで
その場を満天の星空に変えることが出来るアプリです。

app_android_1500x1136

機能紹介
  • 表示される恒星は3000個以上
  • 北半球 / 南半球に関係なくすべての恒星と星座を表示することが可能
  • 88種類の星座を表示
  • 太陽系の主な惑星を表示
  • 月の満ち欠けを再現
オプション
  • 視位置設定
  • 背景変更
  • 日周運動
  • 情報ウィンドウ表示切り替え
  • 太陽系惑星表示切り替え

screen3

今後のアップデートについて

「プラネタリウム VR」は
Daydream Standalone VR対応を予定しています。

本ブログを読んで、ご興味がありましたら
ぜひ、一度ダウンロードして頂いて楽しんで頂けたら幸いです。
※ご意見、ご感想もぜひお待ちしております

google-play-badge-en