GearVR + Unity(5.2.1f1)で開発したVRアプリの実機確認方法

今回はこれまでとは違い
Unityで開発したVR用アプリをGearVRで確認してみたいと思い
調べたことを備忘録的にまとめた技術的な記事になります。

※前提としてUnityの基本的知識やGearVRや
対応するGalaxy端末を持っている人向けの内容になっております

VR確認用のシーン作成

シーンには四角オブジェクトが前後左右に置いてあるだけの
簡単なシーンを用意しました。
※カメラオブジェクトとライトはデフォルトのものです

scene

GearVRアプリ用APK作成方法

基本的には通常のAPK出力と同じ方法ですが
PlayerSettingsの「Android」->「Other Settings」->「Virtual Reallity Supported」に
チェックする必要があるのと、デバイス上で動作させるには
「Oculus Signature File (osig)」というOculus用の署名ファイルが必要になります。

Oculus Signature File (osig) Generator でデバイスIDを入力して
osigファイルをダウンロードして以下の場所に置きます。

osig

Assets/Plugins/Android/asstes
※ファイルが存在していない状態だと、SecurityExceptionで起動されませんでした

あとは、いつも通り「Build And Run」して
端末をGearVRに接続すればアプリが起動します。

思っていた以上に簡単に実機確認まで出来て、さすがはUnityですね。

「Oculus Rift」向けにUnityを使ってアプリを作っていこうかと思っていましたが
同じOculus系でも「GearVR」はケーブルがなく持ち運びに便利ですし
タッチ操作もついてるのでとても魅力的に感じました。

なので、今後も弄っていこうかと思っています。

次回は「GearVR」の入力関連(ゲームパッド、モーションコントローラ等)を
調べてみようと思います。

「GearVR」とはなんぞや?とか
知ってるけど実際のところどうなん?と気になった方は
こちらの記事も見て頂ければと思います。

GearVR購入雑感